黒鱒蜘蛛團~SPIDERS~武魯愚

河口湖黒鱒蜘蛛團~SPIDERS~夜魯四駆。

「竹岡の洗礼・・・。」NBCソルトチャプター江戸前 第3戦

今年、チャプター奥河口湖を開催するにあたり必要な
シッコゴ公園を占用に必要な富士河口湖役場に、都市公園占用許可申請と
湖面利用に必要な河口湖漁協に同意書申請を郵送にて提出しました。 ↓
20150127奥チャプ関連申請書各種.JPG
これがないと、大会を開催できないので毎年、大事な行事です。



さて、12/14に開催されたNBCソルトチャプター江戸前第3戦(カワハギ釣り)に
参加してきました。
この1ケ月、色々と忙しく約1 ケ月ぶりの釣行となりました。。。
公式バストーナメントがシーズンオフな中、昨年はいけませんでしたが、
年に1-2回、カワハギ釣りに行っていました。
ソルトチャプターは全国の海の会場で開催されてますが、
江戸前は東京湾や城ケ島付近で年間3戦開催される5枚リミット 総重量で競う大会です。
この大会は3年ぶり、カワハギ釣りは2年ぶりと楽しみにしていました。

朝4時に本間さんに、岡村さん経由で迎えにきてもらい、乗合で向いました。
早朝6時前に多摩川河口にある「羽田かみや」に集合。 ↓
20141214-1-カワハギトーナメント早朝のかみや.JPG
20141214-2-カワハギトーナメントかみや集合.JPG
参加者は、24人、船が満席です。
そして海釣りでは運命を決める?席座の抽選。↓
20141214-3-カワハギトーナメント座席抽選1.JPG
20141214-3-カワハギトーナメント座席抽選2.JPG
大ともかミヨシを狙いますが、左舷12席中7番と真ん中・・・。
タックルボックスは、こんな感じ。 ↓
20141214-4-カワハギトーナメントタックル.JPG

ポイントの東京湾の有名ポイント「竹岡沖」は、約1時間の航行。 ↓
20141214-5-カワハギトーナメント朝日の中、出船.JPG
道中は、元JBマスターズの選手仲間と釣り談義。 ↓
20141214-9-カワハギトーナメント元マスターズ仲間.JPG
皆さん、バストーナメントは離れ、現在は海の船釣りがメインです。
今回の選手で、元バスプロ多し。
昔、この仲間達と、河口湖のロイヤルワンドでアルミカートップ組が
「BARアルミ」を開店し、よく湖畔のアルミ上で飲んだものです。
現在は、ロイヤルワンドに車を置きっぱなしにできないし、
そもそもアルミカートップ組が少ないので、このような機会がなく、いい思い出でした。

移動中、羽田ならではの飛行機が間近で見れたり、
横浜ベイブリッジ越しの富士山が見えたり、 ↓
20141214-8-カワハギトーナメント移動中.JPG
20141214-6-カワハギトーナメント横浜通過1.JPG
20141214-7-カワハギトーナメント横浜通過2.JPG
東京湾クルージングを楽しみました(笑)

そして8時過ぎに、竹岡沖(久里浜沖)に到着。 ↓
20141214-10-カワハギトーナメント船FS.JPG
最初は、水深19m位と浅場です。
おもりは25号を使用。
仕掛けは胴突き3本針、5本リミットな事から大物対応の
パワーフック5番に、最近流行りらしいシンカーの上にラバーを。
カワハギの水中映像DVDを観ると、上の集魚板よりシンカーに興味が
もってるような気がして、選手でも、それぞれシンカー付近に工夫がありました。
なかには、発光?シンカーも@@

私が試した釣り方の多い順は・・・。
・たたきの後に、たるませ。
・宙釣りから誘い下げ
・ゼロテンション
・遠投してズル引き&ポーズ
などなど。

朝1時間位何回かカワハギっぽいバイトがあるものらず、
やっと釣れたのがトラギス・・・ ↓
20141214-11-カワハギトーナメント最初はトラギス.JPG
9時過ぎに、たたき後のハワセで、やっと22cm。 ↓
20141214-12-カワハギトーナメント22cm.JPG

周りをみれば、やはり左右ミヨシと左オオトモに釣果がいいようで、
左2の福山選手は、バスでいう所の60UPの価値があると言われてる30UPを! ↓
20141214-13-カワハギトーナメント福山さんの30UP.JPG
さすが、元TOP50で今年JB 河口湖A年間優勝だけあり、釣りウマです。
実は、船中3本 30UPが釣れた模様で最高は32cmでしたよ! ↓
20141214-22-カワハギトーナメントビックワン32cm.JPG

その後、水深は25-30m位へ移動。 ↓
20141214-14-カワハギトーナメント竹岡沖船団.JPG
人気ポイントとあり、船団です。
とはいえ、釣れない時間も多く、船長も色々とポイント移動して
頑張ってるものの、私には釣れない時間が過ぎていきました。

10時頃、潮止まりで11時頃に、ゼロテンションで、やっとワッペンサイズが1枚。
20141214-16-カワハギトーナメント大型船通過.JPG
20141214-15-カワハギトーナメント竹岡沖で.JPG
フックやおもり、誘いなどを頻繁に変えましたが、結局14:30の沖上がりまで
過去ワースト記録の2枚しか釣れず、撃沈しましたorz
釣りする前は、ツ抜け(10枚)はいくと思っており、最低でも5枚リミットは
いくと思ってただけに、竹岡の洗礼にやられました・・・。
20141214-17-カワハギトーナメント沖あがり.JPG

日没近くに、羽田かみやへ着。 ↓
20141214-18-カワハギトーナメント羽田かみや着1.JPG
20141214-19-カワハギトーナメント羽田かみや着2.JPG

羽田かみやさんが、参加者全員に豚汁サービス。 ↓
20141214-20-カワハギトーナメントかみや特製豚汁.JPG
寂しい釣果でしたが、心と身が温まります。

表彰式。 ↓
20141214-21-カワハギトーナメント表彰式へ.JPG

第3戦のお立ち台の皆様。 ↓
20141214-23-カワハギトーナメントお立ち台.JPG
優勝は元マスターズ仲間の杉田選手(写真1番右)は左舷大トモ。
準優勝は30UPを釣った左舷2番の福山選手。

年間優勝は、NBCチャプター神奈川に参戦している堀江選手(左舷3番) ↓
20141214-24-カワハギトーナメント年間お立ち台.JPG
バス釣りするアングラーにカワハギ釣りがウマい人が多いですね。

20141214-25-カワハギトーナメントかみや夕景.JPG

この大会の楽しみは抽選会。 ↓
20141214-27-カワハギトーナメント抽選会中.JPG
宮本ヒデさんがリーダー格なので繋がりも多く賞品が豪華なんです。↓
20141214-26-カワハギトーナメント抽選会賞品.JPG
元マスターズ仲間の森選手は横浜で農家をしており、毎回、沢山の自家製野菜が
賞品となり、皆さんも喜んでいます。
私も抽選で沢山の賞品をいただきました。 ↓
20141214-28-カワハギトーナメント抽選会当たった賞品.JPG
釣果が寂しく落ち込んでましが、これで救われました(笑)
そして、目玉の年間優勝し、築地で働いている堀江さん提供の
下関とらふぐ鍋セットがあり、行きの運転をしてくれた本間選手がゲット! ↓
20141214-29-カワハギトーナメント抽選会本間さんふぐ鍋セットGET.JPG
超うらやましいですね。

大会詳細は ↓
コチラ

実は、当日、徹夜の仕事が待っており、友人に「カワハギのフルコースを
食べさせてあげるから迎えに来て。」と餌で釣りました(笑)
しかし、たった2枚しか釣ってない私は、フルコースどころか前菜にもならない
釣果でヤバいと思ってたら、優勝の杉田選手と冨樫選手から、
おっそわけしていただき、計14枚となり、↓
20141215-1-いただいたカワハギ.JPG
これでフルコースができました(笑)
ありがとうございました。

その冨樫選手、11;30まで大物狙いで大き目のフックを使用して
ノーフィッシュだそうですが、その後、フックを小さいのに変え、8枚と追い上げ。
私はパワーフックからスピードに変えたものの5番メインで、勉強になりました。
奥の深いカワハギ釣り、
いつかリベンジしたいです。

それにしても釣り前夜は色々とやる事があり2時間弱の睡眠。
釣り後の徹夜仕事で48時間起きっぱなしと、流石に疲れましたね・・・。

【タックル】
・ロッド:DAIWA 極鋭カワハギ1455
・リール:DAIWA smak Red Tune 100L
・道糸 PE 0.8号
・仕掛け:胴突き3本針
(パワーフック、パワースピード、スピード 4.5~5.5 号)
・おもり:25号(色・形各種)+スカート


【カワハギを捌いてみよう】
カワハギの捌き方を紹介します。
あくまで自己流なので、この後の料理方法を含め、もっと素敵な方法がありますので
Webから検索して探してみてくださいね。

必要なものに、出刃包丁と刺身包丁があります。
普通の包丁では、切りづらく、100円ショップのそれぞれの包丁でも
過去に使って大丈夫でしたよ。

・頭上部に出刃包丁で切りこみをいれ、手でひきちぎって頭部をとります。
・肝は残し、頭部、内臓は捨てます。(臭いが気になる方はマスクを)
 この時、ニガダマと言われてる赤い血の塊を、上手に取らないと、肝
 が美味しくないと思います。(混ざると臭みがある)
・肝は塩水で洗って日本酒につけておきます。
・尾側に出刃包丁を入れ、 ↓
20141215-2-カワハギ捌き1.JPG
手で皮を剥ぎます。 ↓
20141215-3-カワハギ捌き2.JPG
・背びれや尾びれを出刃包丁でとります。 ↓
20141215-4-カワハギ捌き3.JPG
・刺身包丁で三枚におろします。 ↓
20141215-6-カワハギ捌き5.JPG
・刺身用は薄い皮を剥がした方が ↓
20141215-5-カワハギ捌き4.JPG
口当たりがいいです。
・切り身を水洗いし、キッチンペーパーで乾燥。
・肝をキッチンペーパーで拭いてから、ゴマすり器(なければ泡立て器でもOK)で、すります。 ↓
20141215-7-カワハギ肝つくり.JPG
・刺身包丁で更に半分(5枚おろし状態)にし薄造りに(素人なんで厚造りですが^^;) ↓
20141215-8-カワハギ薄造り.JPG
20141215-9-肝合え完成.JPG


【カワハギを料理してみよう】
20141215-10-カワハギづくし.JPG
・肝合え薄造りふぐにも負けない美味しさと言われてる、肝合え薄造り。 ↓
20141215-11-カワハギ肝合え薄造り.JPG
ネギ、紅葉おろしがあると更に見た目も、旨さも引き立ちます。
肝と一緒に、醤油につけて食べてください。
抽選会でいただいた森選手自家製の、ゆずも絞ったら、
味にアクセントがあっていいですね。
いただいた、大吟醸とのコラボで ↓
20141215-12-カワハギづくし.JPG

食べきれなかったのは、翌日、オリーブオイルなどでカルパッチョ風にしてみました。 ↓
20141216カワハギカルパッチョ.JPG

・唐揚
大きいサイズは薄造りに、小さいサイズは唐揚にしました。↓
20141215-13-カワハギ唐揚げ.JPG
いつもは捨ててた、5枚におろした後の真ん中の軟骨?も唐揚にしましたが、
タンパクな身より、味が濃く美味しかったですよ。
身は粗塩をかけるか、青のりなど混ぜて揚げるのもいいかも。

・煮つけ
カワハギを3枚におろすと中骨が残りますが、その周りの
身が実は美味しいです。
醤油、みりん、日本酒、砂糖、しょうがなどで煮つけにしました。 ↓
20141215-14-カワハギあら煮.JPG
翌日、あまった煮つけで、味噌汁のだしにする
(網の中、残った煮つけをとかす感じ)と、 ↓
20141218カワハギあら煮みそ汁.JPG
まるで料亭の味のようになりした。 
抽選会でもらった、大根の葉っぱを細かく切っていれました。

普段は、身のみ食べる方も多いとは思いますが
、色々と有効利用できるカワハギですよ。
釣ったら、すぐエラにナイフかハサミをエラに入れ、
血抜きすると、肝が美味しくいただけます。

たまには違う釣りも楽しいですね。


  1. 2015/01/28(水) 06:11:13|
  2. お会長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「半日観光。。。」東京的正月の楽しみ方 | ホーム | 「2014年 〆のバストーナメント」青木大介&湖波オープントーナメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://spiders.blog48.fc2.com/tb.php/2470-bc1cac38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SPIDERS

Author:SPIDERS
16’黒鱒蜘蛛團~SPIDERS~團員
・JBマスターズ16/JB霞149/14’15’TOP50参戦
・JB河口湖A12/JB河口湖B1/JBⅡ河口湖3
・JBマスターズ79/JB河口湖A1/JB河口湖B5/JBⅡ河口湖6
・JB河口湖A20
・JB河口湖A21
・JB河口湖A29

当ブログ内の画像等無断転載、転用はお断りします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する