黒鱒蜘蛛團~SPIDERS~武魯愚

河口湖黒鱒蜘蛛團~SPIDERS~夜魯四駆。

「バス釣り、そして災害時最強腕時計か!?」PROTREK モニターに!!

東北地方太平洋沖地震により被害を受けた皆様には、心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔みを申しあげます。

私は当時、夜勤明けで自宅に帰ったばかりで、河口湖Aの準備をしようとしていました。
神奈川では、震度5で、激しい揺れがあり、棚の上の皿や花瓶が落ち、破損しました。
長男の出生祝に知人からもらった、ウェッジウッドの出生用の特注の皿が落ちて
破損したのは、悲しかったです。 ↓
20110311ウェッジウッド割れる
接着剤で、何とかくっつけましたが。。。

携帯、携帯メール、電話とも不通で、娘と連絡がとれず。。。
安否ダイヤルを説明しておけばよかったと。。。
5時間後に、やっと連絡がとれ、電車が止まって、2時間閉じ込められ後、最寄駅の店に避難してたとか。。。
電車は止まり、帰宅困難になったので、車で迎えにいきました。

インターネット(某ケーブルテレビの回線)だけは、繋がったので、
職場にメール連絡しましたが、電車が止まってる為、自宅待機に。

その後、仕事で東北に行きましたが、なんと声をかけていいかわからな位、悲しい状況でした。。。
又、来週、東北入りする予定です。
私にできるのは、「現地から伝える」事です。 (詳細は、ネットで書けませんが。。。)
余震に気をつけながら、精一杯、仕事をしてこようと思ってます。

それぞれの分野の方が、復旧、復興をめざし、一生懸命、仕事をしております。
世界各国から沢山の救難応援部隊、自衛隊、災害ボランティアなどなど・・・。
特に、現地の原発で危険をかえりみず、最悪の事態だけは避けようと活動する、
作業員や関係者には、涙するものがあります。。。
みんな必死で、頑張ってると思います。

皆さんは、北浦の鹿行大橋の真ん中付近が崩れ、車が落ちたニュースは、ご存知だとは思いますが、
その車の発見に、バサー達の活躍があったのを、ご存知ですか?
JB霞やWBSで活躍し、チャプター東日本決勝戦前日プラで同船させてくれたヤスさん事、「井上プロ」と、
お兄さんと、その仲間達の協力があっての発見だったという事を! ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/deadly_play/22953297.html
この後、ヤスさん兄弟は、ボランティアの為、宮城県入りするとの事です。
本当に頭が下がる思いですm(__)m

他のブログなどでも、よく聞かれる言葉ですが、「がんばれ東北! がんばろう日本!!」

所で計画停電では、LEDライトや蛍光灯ランタン(LEDランタンが欲しいところ)、カセットコンロなど、
普段、車中泊で使うものを使ってますが、↓
20110316防災グッズ

ボートで使う、ディープサイクルバッテリーとインバーター(DC12VをAC100Vに変換)が大活躍。 ↓
20110316計画停電対策
20110316ボイジャーインバータ
20110316インバータ
40W電球ライトをつけても、少なくても計画停電の3時間以上持ちます。
もともと、10年位前、ロイヤルの車中泊が当たり前のように、賑やかな時代、友人達と、
蛍光ランタンの下で酒を酌み交わし、その後、各自、車で自分のひと時を過ごしていました。
H間@元マスターズさんが、上記のシステムで、みんなが蛍光ランタンか懐中電灯の中、
ひとり明るい車内で読書(漫画だけどw)してたのを見て、「これはいい!」とパクりました。(笑)
長いトレイユでは、エンジンをかけなくても、携帯バッテリーのチャージができるし。
なかには、冬の車中泊で電気毛布を使う選手もいるぐらいで、インバータ一つあると、かなり便利ですよ!
私は、150Wタイプをディスカウントショップで、当時、2980円で安く購入しましたが、
300Wタイプ位でACの取り口が2つあるタイプの方が凡庸性があると思います。
因みに、インバータのコードの先のシガレット部分を切り、丸端子をハンダ漬けして使用しています。
バッテリーが5発ありますので、計画停電でも数日間は過ごせます。
ロウソクは、地震がきた時、倒れて危険ですからね。
因みに、計画停電のサイトは、yahooが見やすいと思います。 ↓
http://setsuden.yahoo.co.jp/

さて、2月より、CASIO PROTREK「PRW-1500TJ-7JF(チタンモデル)」 
釣りをする時の、使い勝手の検証としての「モニター」をする事となりました! ↓
http://protrek.jp/lineup/multifield/
プロトレック開発者より、縁あって声をかけていただき、「モニター」を依頼される事と、なりました。
CASIO様、ありがとうございました。

到着後、専用工具を、お借りして、腕時計のバンドの駒詰めを自分で、やってみました。 ↓
20110202PROTREK-駒詰め

CASIOといえば、デジカメで青木プロがプロモーションされてたり、2010年「JBトップ50プロシリーズ」で、
カシオの防水デジカメ「EXILIM-G」を10台使って、オブザーバーによる同船PHOTOレポート
を行なってましたね。
そして、私と同じ腕時計のモデルが並木プロがプロモーション契約されています。

実は、前のモデルもモニターしており、「バス釣り最強腕時計!」と思ってましたが、
今回のモデルは更なる「バス釣り最強腕時計、そして災害時最強腕時計!!」
だと思いますので紹介します。
写真左が今回のモデルで、右が旧モデル(SPF-40) ↓
20110202PROTREK-2S.jpg
20110206津久井湖プロトレック
旧モデルは、気圧計、方位計、ムーンデータ、タイドグラフ、5つのアラーム設定と
釣りをする上で便利で愛用していました。

旧モデル時、「ぜひ、ソーラーと電波時計式を!」と開発担当者にお願いしましたが、
まさに、理想のモデルです!
今回のモデルの、更なる長所を紹介します!!

1、ソーラーシステムにより、半永久的でバッテリーの交換必要なし!
ダイバーウオッチ系は、電池代も高いし、防水用パッキンなども変える為、結構、お金がかかります。
まして電池式ですと、いざ使いたい時の電池切れほど悲しいものはありません。
いざ避難民となった時の、電池交換ほど難しいものはないと思います。

2、時間が正確な電波時計!
トーナメントの帰着時間は1秒でも遅れれば、失格。。。
正確な時間が必要ですよね。
私の仕事は、リアルタイムで仕事をしているので、正確な時間は必須。
電波時計は、世界にも対応しています。

3、バンドがチタンバンドで、軽量かつ高級感!
チタンは軽量かつ、金属かぶれがおきにくい材質なのです。
昔、金属バンドを使って、かぶれた経緯があり、それ以降、スーツを着る以外、
樹脂バンドタイプの時計を使用していましたが、チタンは、まったくかぶれません。(私の場合)
重さは100g位と、釣りをしてる時のストレスは、感じません。

4、気圧の変化を、一目でわかる!
今までのモデルは、あるボタンを押して、全画面が気圧計に変るので、
ロッドから手を離して、押す作業が発生します。
一目で気圧の変化がわかるのは、釣りをする上で助かります。
これにより、天気の予測ができます。
雷が接近してくると、気圧が急激に下がってくるので、目安になります。
一般的に、晴れると気圧があがり、曇りや雨になると気圧がさがります。
「天気をみてれば、気圧の変化など、わかるよ」と思われるかもしれませんが、
この微妙な変化に意味があると思います。
今年、河口湖で釣った初バスは、マスターズ2週間前の2/19。
それまで熔岩帯のディープと、熔岩の落ちた所の境をタイトに狙ってました。
当日は晴れで、見た目、変化はなかったのですが、気圧が下がったタイミングで、 ↓
20110219PROTREK表示
(時計表示は、釣れて40分後。その後、気圧が上昇するのが、おわかりですね。)
狙いをシャローに変え、ジグヘッド+豚うなぎをスイミング気味に、誘うと なんと52cm 1920gの初バス! ↓
コピー ~ 20110219合宿2日目52cm1920g
まさに、狙い通りでした!!!
又、大潮、満月表示だったので、釣れる気がしていましたよ!

5、バス釣りにも影響があると思われる、潮の干満。
一目で、大潮、中潮、小潮などがわかるタイドグラフ、ムーンデータ表示になりました。
当然、海釣りには、便利ですよね。
実は、裏技があって、ある設定にすると、フィッシングタイムがわかるそうです。
以下、CASIOのHP(PRS-400←これも釣りには最適で、私も持ってます!)から引用 ↓
※月の満ち欠けと時角が魚の食餌活動に影響を与える」という理論に基づき、釣り場の緯度・経度・時差を
入力しておくと、その日の釣りに適した時刻(フィッシングタイム)。
任意の日の時間帯も調べることができ、釣行計画を立てるのに役立ちます。
※フィッシングタイムとは、月の見える方向(時角)が頭上(時角0時)/頭上から90°西(時角6時)
/真下(時角12時)/頭上から90°東(時角18時)となる時刻のことです。

災害地では、地盤沈下により、高潮が心配されます。
特に海面の水位があがる、大潮の満潮時は、一番水位が上がりますが、
このタイドグラフは、その目安になります。

6、方位計は、例えば、初めて行く、夏のリザーバーや野池。
方位により、1日のシェードの位置が予測できるのは、便利です。

以前、GPSを持っていない時期、旧モデルですが、方位計だけで
霧の中、ポイント(ロイヤル→小海)に1番につく事ができました。
災害時、携帯のネットは、繋がりにくくなります。
(今回の大震災初日は、神奈川では、まったく繋がりませんでした。まして、東北では。。。)
周りの様子がまったく変ったり、初めて行く場所では、この方位計により希望方向へ進む事ができます。
私は仕事で、ある衛星を使う為、その向ける角度がわかるので、公私共に、非常に重宝しております!

7、旧モデルは10BAR(気圧)でしたが、20BARになり、どんな悪天候でも安心です。

8、旧モデルにもありましたが、アラームが5つ設定できるは嬉しいです。
例えば、3つのポイントを巡る上で、1ケ所、2時間やろうとか、帰着時間、ぎりぎりまで粘りたいので、
20分前に帰着ポイントへ移動、7分前に納竿とセットしたり、時計を見なくても、忘れる事なく釣りに
集中できます。
ただ、ソーラーの為、節電で10秒しか鳴らないようになっており、
目ざましで使うには、もう少し長いといいなぁと思います。
でも、その反面、トーナメントの時は、わざわざ押さなくても10秒で止まるので、
ロッドから手を離さなくてもいい面もありますが。

9、節電といえば、オート画面オフ機能があり、夜、就寝などで電気が
真っ暗な時は、節電の為、画面が消える設定ができます。
(どれかのボタンを押せば、復帰できます)
この事により、暗い室内で使う事が多くて、あまりチャージできない場合でも長く使う事ができます。
釣りや日常使うにあたって、「H(ハイ)」表示のままなので、
チャージ(蛍光灯の、わずかな光でも発電するソーラーパネル)しなくても気にしなくていいとは思いますが。

10、温度計は、陸っぽりなど、水温を計る時には、いいですね。
又、気温により、服装を選ぶ目安にもなります。

11、高度計は、登山する時に、何かと便利。
方位計と合わせて、地図で自分の場所を把握する事もできます。(山立てに便利)
又、高度をメモリーする機能もあります。
100m高度があがると、温度が0.6℃下がると言われてます。
釣りする時の服装の目安になります。

12、液晶が大画面で見やすいので一目でわかります。

13、ボタンが旧モデルは、露出していて、間違って押して、デモ画面が、でてしまう事がありました。。。
これが、工夫されてて、尚且つ、押しやすい構造となっております。

以上、簡単ではありますが、長所を書いてみました。
1つだけ、リクエストがあるとすれば、日の出、日の入り時間が、わかればと。。。
私の場合、暗くてリグれなくなったのが、日の入り時間と思ってますから(笑)

この1ケ月半、使ってきましたが、私には、なくてはならない腕時計です!
プロトレックの「トレック」は山登りで、山登りするには素晴らしいコンセプトのCASIOの腕時計シリーズです!
このモデルは、ヨットレース対応タイマーが付いてる事から、ヨットマン向けだとは思いますが、
実は、バス釣り及び災害時での腕時計に最適最強で、これ以上があるなら、逆に教えてほしいぐらいです!!
たぶん、ないでしょうねぇ~。

あなたも、ダマされたと思って、ぜひ、この時計を使ってみて下さい!
絶対、後悔はないと自信を持って、おススメできます!!


P,S
現在、CASIOの担当者様に、奥チャプにPROTREK腕時計を協賛できないか?、交渉中です!
実現した場合は、今年、全5戦参加の選手の内、最終戦で抽選(もしくは私とジャンケン)して、
1名様に、PROTREK(モデルは未定)の腕時計をプレゼントする企画をしていますよ!
お楽しみに!!(担当者様、よろしくお願いしますm(__)m)


  1. 2011/03/19(土) 02:02:55|
  2. お会長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<JAY。。。 | ホーム | 何か出来る事を。。。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/13(木) 23:17:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://spiders.blog48.fc2.com/tb.php/1629-86323c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SPIDERS

Author:SPIDERS
16’黒鱒蜘蛛團~SPIDERS~團員
・JBマスターズ16/JB霞149/14’15’TOP50参戦
・JB河口湖A12/JB河口湖B1/JBⅡ河口湖3
・JBマスターズ79/JB河口湖A1/JB河口湖B5/JBⅡ河口湖6
・JB河口湖A20
・JB河口湖A21
・JB河口湖A29

当ブログ内の画像等無断転載、転用はお断りします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する